家を買うときに迷うポイント「災害保険」の補償内容についてご説明

購入

家を買うときに迷うポイント「災害保険」の補償内容についてご説明

平常時は意識することがないけれど、何かのタイミングで加入や見直しについて考える災害保険。
家の購入時はその代表的なタイミングかもしれません。
代表的な災害保険である火災保険と地震保険について、保険の必要性などをご説明いたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

家を買うときに関係する火災保険とは?

その名のとおり、火災による損害を補償するための火災保険。
ですが、それ以外にもカバーできる損害があることをご存じでしたか?

火災保険の補償内容


●火災
●風災、雹災、雪災(台風や竜巻、雹、雪などによる損害)
●落雷
●水漏れ


他にも盗難などを補償範囲として含める火災保険もあります。

地震による損害は含まれない点に要注意です。
これらの補償内容は保険会社により異なり、保険金も変わってきます。

火災保険の保険金について

火災保険の保険金は、設定した保険金額の範囲内で、実際に受けた損害によって支払われる額が変わる「実損払方式」で支払われます。

家を買うときに関係する地震保険とは?

それでは、地震国家日本で、地震に備えるためにはどうすれば良いでしょうか。
地震保険は、火災保険とセットで加入することが定められています。
地震保険のみ、単独で加入することはできません。

地震保険の補償内容


●地震による家の損壊
●地震で発生した火災による損害
●地震で発生した津波による流失


門や塀だけの損害や、自動車への損害は原則補償対象外です。
この他にも会社により条件が異なります。

地震保険の保険金について

地震保険の保険金額は、加入している火災保険の30%〜50%の範囲内で契約することと定められており、実際に受け取れる金額は損害により大きく変わってきます。
保険料は、建物の構造(鉄骨か木造か、など)と建物の所在地(都道府県)により異なります。

家を買うときに関係する災害保険の加入の必要性について

使わなければ良いに越したことがないけれど、万一の時に後悔はしたくない。
そういう思いで災害保険を迷っている方は多いでしょう。
とくに単独で加入できない地震保険は悩むポイントかもしれません。
火災保険に対して地震保険の付帯率は約70%、地震保険に加入している方は約30%というデータがあります。
決して多くの方が加入しているようには見えませんが、地震による建物の損害などを補償してくれるのは地震保険しかありません。
保険金はローンの返済にも充てられるので、これから購入をお考えの方は加入をおすすめいたします。

家を買うときに関係する災害保険の加入の必要性について

まとめ

最近では台風の被害も甚大化することが多く、地震も増えてきているという報道もあります。
日本に住む以上避けられない災害、マイホーム購入のタイミングで保険の備えも検討してみてはいかがでしょうか。
株式会社日本アイディアル不動産では、千葉県柏市、松戸市、流山市を中心に売買物件を豊富に扱っております。
お客様のご希望に真摯にお応えしますので、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”購入”おすすめ記事

  • 建売住宅購入のチェックポイントとは?住環境から性能・契約条件までご紹介の画像

    建売住宅購入のチェックポイントとは?住環境から性能・契約条件までご紹介

  • 建売住宅と分譲住宅の違いとは?それぞれに向いている方の特徴をご紹介の画像

    建売住宅と分譲住宅の違いとは?それぞれに向いている方の特徴をご紹介

  • 独身女性のマンション選び方とは?おすすめの立地や資金計画をご紹介の画像

    独身女性のマンション選び方とは?おすすめの立地や資金計画をご紹介

  • オートロックなしの中古マンションの防犯性とは?防犯対策をご紹介の画像

    オートロックなしの中古マンションの防犯性とは?防犯対策をご紹介

  • 自営業だと借りにくい?住宅ローンに関して知っておきたいことを解説!の画像

    自営業だと借りにくい?住宅ローンに関して知っておきたいことを解説!

  • 建売住宅の購入に必要な諸費用の内訳と節約方法をご紹介!の画像

    建売住宅の購入に必要な諸費用の内訳と節約方法をご紹介!

もっと見る