空き家にリフォームやリノベーションをするメリット・デメリットと費用を解説!

売却

空き家にリフォームやリノベーションをするメリット・デメリットと費用を解説!

近年、居住するためだけでなく、売却や賃貸に出して利益を得るために、空き家にリフォーム・リノベーションをするケースが増加しています。
とはいえ「リフォーム・リノベーションにはどのくらいの費用が必要なんだろう?」と不安に思う方も多いでしょう。
今回は、空き家を所有している方に向けて、リフォーム・リノベーションのメリット・デメリットや費用、節税効果などについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家にリフォームやリノベーションをするメリット・デメリット

空き家にリフォームやリノベーションをするメリットは、買い手や借り手が現れやすくなることです。
相続した家などであれば、建物自体の老朽化が進んでおり、設備も古くなっているため、資産価値がほとんどありません。
リフォーム・リノベーションを施し、設備を更新すれば、古いままの空き家に比べて買い手や借り手が見つかりやすくなります。
また、空き家が倒壊するリスクを軽減できることもリフォーム・リノベーションのメリットです。
手入れをしていない家は老朽化が進行しやすく、地震などの災害で倒壊するリスクが高くなります。
リフォーム・リノベーションで耐久性・耐震性を向上させることで、安心して居住できる家になるでしょう。
一方、空き家のリフォームやリノベーションをするデメリットは、まとまった費用が必要なことです。
老朽化が進んだ家を全体的にリフォーム・リノベーションする場合、工事費用は高額になります。
売却や賃貸に出しても、費用を回収できないケースもあるため、着工前に具体的な資金計画を立てておきましょう。

空き家のリフォーム・リノベーション費用はどのくらい?

壁紙・床・水回りなど、空き家の一部をリフォーム・リノベーションする場合、費用は100万円~500万円ほどです。
空き家をフルにリフォーム・リノベーションする場合、マンションであれば250万円~1,000万円ほどの費用が発生します。
一戸建てであれば、外壁や屋根材の交換などが必要なケースもあるため、費用は500万円~2,000万円ほどです。

空き家のリフォーム・リノベーションには節税効果がある!

空き家にリフォーム・リノベーションを施して、耐震・省エネ仕様にすることで、所得税や固定資産税を節税可能です。
また、空き家対策として、リフォーム・リノベーションのための助成金を支給する自治体も多くあります。
助成の対象や金額などは各自治体により異なるため、役場の窓口やホームページで確認しておきましょう。
耐震・省エネ性を付与するリフォーム・リノベーションであれば、空き家対策以外の助成金も申請できるケースがあります。

空き家のリフォーム・リノベーションには節税効果がある!

まとめ

今回は、空き家を所有している方に向けて、リフォーム・リノベーションのメリット・デメリットや費用、節税効果などについて解説しました。
リフォーム・リノベーションの費用や工事期間はケースバイケースのため、余裕を持った計画を立てておきましょう。
株式会社日本アイディアル不動産では、千葉県柏市、松戸市、流山市を中心に売買物件を豊富に扱っております。
お客様のご希望に真摯にお応えしますので、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”売却”おすすめ記事

  • 家を売る考えられる理由とは?売却価格や期間に与える影響について解説の画像

    家を売る考えられる理由とは?売却価格や期間に与える影響について解説

    売却

  • 家の売却でやってはいけないこととは?売却前・売却中・売却後に分けて解説の画像

    家の売却でやってはいけないこととは?売却前・売却中・売却後に分けて解説

    売却

  • 家の売却代金はいつ受け取る?受け取るまでの期間や注意点も解説!の画像

    家の売却代金はいつ受け取る?受け取るまでの期間や注意点も解説!

    売却

  • 川沿いの家を売却する方法とは?物件の特徴や浸水被害による影響も解説!の画像

    川沿いの家を売却する方法とは?物件の特徴や浸水被害による影響も解説!

    売却

  • 空き家を売却するベストタイミングはいつ?相場や築年数などの指標別に解説の画像

    空き家を売却するベストタイミングはいつ?相場や築年数などの指標別に解説

    売却

  • 親名義の空き家の売却は困難か?確認しておきたい方法とポイントの画像

    親名義の空き家の売却は困難か?確認しておきたい方法とポイント

    売却

もっと見る