マンションの修繕積立金とは?値上げの理由や適正値もご紹介

購入

マンションの修繕積立金とは?値上げの理由や適正値もご紹介

マンションを購入すると、住宅ローンだけではなく修繕積立金や管理費を支払わなくてはなりません。
とくに修繕積立金は、購入してから数年でいきなり値上がりしたり、高額な一時金がかかったりする場合もあるので注意が必要です。
そこで今回は、マンションの修繕積立金とは何か、値上げされる理由や適正値も解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

マンションの修繕積立金とは?

マンションの修繕積立金とは、建物の修繕工事のために所有者が積み立てるお金です。
管理費と同じような使い方もされていますが、修繕積立金は計画的にマンションを修繕するための積立金であり、管理費は日々のマンションを維持するための費用なので目的が異なります。
修繕積立金は、主に安全を確保するために必要不可欠な大規模修繕で活用され、資産価値の維持にも関わります。
仮に修繕積立金がない状態で老朽化などにより修繕が必要になると、1世帯あたり数十万円の資金が必要になることも考えられ、負担はより重いものになるでしょう。

マンションの修繕積立金が値上げされる理由とは

修繕積立金は、販売から数年経った頃に値上げされる傾向にあります。
値上げされる理由として、その時に必要な金額を集める段階増額方式の採用があります。
段階増額方式を採用していると販売時の積立金は安いのですが、経年によってさまざまな修繕が必要になり、将来的に値上げされてしまうのです。
他にも、居住者用駐車場の設置など機能向上を目的とした工事がおこなわれることがあり、その場合は一時金徴収が実施され、一定期間にわたり修繕積立金が値上がりします。
なお、積立金が足りないと必要な工事ができなくなり、資産価値も下がり物件売却時の価格低下を招くので要注意です。

マンションの修繕積立金の適正値はどのくらい?

令和3年9月に国土交通省より、マンションの修繕積立金に関するガイドラインの見直しが実施され、修繕積立金の目安(適正値)となる金額が示されました。
地上階数と建築延床面積によるそれぞれの平均値が算出されており、20階未満で建築延床面積が5,000㎡の場合は、1㎡あたり月に335円です。
5,000㎡以上1万㎡未満は1㎡あたり252円で、1万㎡以上2万㎡未満は271円、2万㎡以上は255円です。
20階以上の場合は、1㎡あたり338円が平均値となりました。

マンションの修繕積立金の適正値はどのくらい?

まとめ

マンションの修繕積立金とは、建物の修繕工事のために所有者が積み立てるお金であり、管理費とは目的が異なります。
その時の必要な金額を集める段階増額方式を採用しているマンションの場合は、築年数が古くなると値上げがおこなわれることも多いので、購入時には徴収方式を確認しましょう。
株式会社日本アイディアル不動産では、千葉県柏市、松戸市、流山市を中心に売買物件を豊富に扱っております。
お客様のご希望に真摯にお応えしますので、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

株式会社日本アイディアル不動産 スタッフブログ担当

不動産の販売・売却のご相談は株式会社日本アイディアル不動産にお声掛けください。戸建て・マンション・土地のご購入をトータルサポートしております。初めての不動産購入で不安を抱えている方にも情報をお届けするため、不動産に関する記事をご紹介します。


”購入”おすすめ記事

  • 建売住宅購入のチェックポイントとは?住環境から性能・契約条件までご紹介の画像

    建売住宅購入のチェックポイントとは?住環境から性能・契約条件までご紹介

  • 建売住宅と分譲住宅の違いとは?それぞれに向いている方の特徴をご紹介の画像

    建売住宅と分譲住宅の違いとは?それぞれに向いている方の特徴をご紹介

  • 独身女性のマンション選び方とは?おすすめの立地や資金計画をご紹介の画像

    独身女性のマンション選び方とは?おすすめの立地や資金計画をご紹介

  • オートロックなしの中古マンションの防犯性とは?防犯対策をご紹介の画像

    オートロックなしの中古マンションの防犯性とは?防犯対策をご紹介

  • 自営業だと借りにくい?住宅ローンに関して知っておきたいことを解説!の画像

    自営業だと借りにくい?住宅ローンに関して知っておきたいことを解説!

  • 建売住宅の購入に必要な諸費用の内訳と節約方法をご紹介!の画像

    建売住宅の購入に必要な諸費用の内訳と節約方法をご紹介!

もっと見る