築浅は築何年まで?築浅の中古マンションを購入するメリット・注意点をご紹介

購入

築浅は築何年まで?築浅の中古マンションを購入するメリット・注意点をご紹介

中古マンションの購入を検討している方であれば「新築」や「築浅」という言葉をよく耳にするかもしれません。
築浅の中古マンションは、価格や設備の面でさまざまなメリットがあります。
この記事では、築浅とは築何年を指すのか、築浅マンションを購入するメリット・注意点をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

中古マンションの築浅とは築何年を指すのか

新築と築浅の違いをご存じでしょうか。
新築とは、誰も入居したことがない建築後1年以内の物件を指します。
新築に対して、築浅には明確な定義がありません。
多くの方は比較的新しい建物という印象をもつかもしれません。
一般的には、築5年以内の物件に対して使われる場合が多いでしょう。
築浅の場合は、過去に誰かが入居している可能性があります。

築浅の中古マンションを購入するメリット

建物が建ってから5年以内であれば、リフォームの必要性や設備の故障が少ないでしょう。
マンション購入後に修繕などの費用がかからず、クリーニングするだけで入居できるため、出費を抑えられるのです。
そのため、築浅の中古マンションは新築とほぼ同等といえます。
また、築浅の中古マンションは最新の共用設備が整っている場合が多いでしょう。
オートロックやセキュリティなどの設備が充実しているため、快適な生活を送ることができます。

築浅の中古マンションを購入する際の注意点

購入者側から見ると築浅の中古マンションは優良物件といえるでしょう。
とはいえ、資産価値の高い築浅マンションを売主がなぜ手放すのか気になるかもしれません。
主な理由として、転勤・離婚・介護などがあげられます。
しかし、雨漏り・住民トラブル・日当たりの悪さが原因で売りに出される場合があります。
築浅で比較的安くマンションを購入できるとしても、建物や周辺環境に問題がある場合は購入するべきではないでしょう。
また、築10年未満のマンションは、購入後すぐに大規模修繕工事がおこなわれるケースが多いといわれています。
修繕積立金の引き上げなどの可能性があります。
他にも、購入後の値下がりにも注意が必要です。
マンションは築10年に至るまでに資産価値が下落するため、築浅マンション購入後も価値が下がってしまうでしょう。

築浅の中古マンションを購入する際の注意点

まとめ

築浅には「築何年」という明確な定義がありませんが、一般的には築5年以内の物件を指す場合が多いでしょう。
比較的安い価格で新築とほぼ同等のマンションを手に入れられるメリットがあります。
中古マンション購入の際は、記事で紹介した注意点を参考にしてみましょう。
株式会社日本アイディアル不動産では、千葉県柏市、松戸市、流山市を中心に売買物件を豊富に扱っております。
お客様のご希望に真摯にお応えしますので、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社日本アイディアル不動産への問い合わせはこちら


株式会社日本アイディアル不動産 スタッフブログ担当

不動産の販売・売却のご相談は株式会社日本アイディアル不動産にお声掛けください。戸建て・マンション・土地のご購入をトータルサポートしております。初めての不動産購入で不安を抱えている方にも情報をお届けするため、不動産に関する記事をご紹介します。


”購入”おすすめ記事

  • マンション購入の決断ができない理由は?決断ができないときの対策も解説の画像

    マンション購入の決断ができない理由は?決断ができないときの対策も解説

    購入

  • 一戸建ての買取再販住宅とは?購入する際のメリットと注意点をご説明の画像

    一戸建ての買取再販住宅とは?購入する際のメリットと注意点をご説明

    購入

  • 中古の一戸建てはどうやって探せばいい?選び方のポイントを伝授!の画像

    中古の一戸建てはどうやって探せばいい?選び方のポイントを伝授!

    購入

  • 一戸建て購入に要する期間はどれくらい?購入までの流れをご紹介!の画像

    一戸建て購入に要する期間はどれくらい?購入までの流れをご紹介!

    購入

  • 理想の住まいを実現するための中古住宅の探し方!コツや注意点をご紹介の画像

    理想の住まいを実現するための中古住宅の探し方!コツや注意点をご紹介

    購入

  • 建売住宅購入のチェックポイントとは?住環境から性能・契約条件までご紹介の画像

    建売住宅購入のチェックポイントとは?住環境から性能・契約条件までご紹介

    購入

もっと見る