居住中の自宅を高く売るコツとは?片付け・換気・照明の3点についてご紹介

売却

居住中の自宅を高く売るコツとは?片付け・換気・照明の3点についてご紹介

自宅を売却するとき、居住しながら家を高く売ることはできるのでしょうか。
家を売却したいけれど、仮住まいや引っ越しなどの費用をかけたくないので、できれば今の家に住んだまま売却活動をしたい方も多いでしょう。
この記事では、自宅売却を検討されている方向けに、居住しながら家を高く売る3種類のコツをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

居住中の自宅を高く売るコツ①不要な荷物を片付けよう!

買主が新居での生活をイメージしやすくなる観点から、居住中に家を売却すると、購入の後押しに繋がるケースもあります。
いつも荷物が片付けられ、掃除が行き届いてる生活感の少ない家は、購入希望者に好まれます。
部屋をすっきり広く見せるためにも、不要なものは処分し、それでも荷物が多い場合は、思い切ってトランクルームを借り、預けるなどの工夫しましょう。
また、買主はできるだけきれいで清潔感のある家を望む傾向にあるため、可能な限り生活感の少ない、おしゃれな家具やインテリアの家は好印象でしょう。

居住中の自宅を高く売るコツ②案内前に換気をしよう!

自分では気付きにくいにおいても、初めて訪れる方にとっては気になることがよくあります。
いくら部屋が整理整頓されきれいであっても、玄関を開けた瞬間のにおいで、印象が台なしになってしまうこともあります。
喫煙する家族がいたり、ぺットを飼っていたりする場合はとくに注意が必要なため、日頃から換気をおこないましょう。
毎日、定期的に換気をするのはもちろん、内覧当日は前もってすべての窓を開けて、十分に換気をしたうえでお出迎えしましょう。

居住中の自宅を高く売るコツ③内見時には照明器具を点けよう!

購入検討者がゆっくりと快適に見学できるよう、すべての部屋の温度、明るさに気を配りましょう。
とくに見学のメインとなるリビング・ダイニングのカーテンやブラインドは全開にし、照明器具も点けて明るくしておくと良いでしょう。
自分の家がもっとも魅力的に見える時間帯がいつなのかを、あらかじめ営業担当に伝えておくことも大切です。
ゴミの溜まったゴミ箱や電球切れ、水アカだらけのキッチン・洗面・浴室は印象が悪いので、必ず事前に対処しておきましょう。

居住中の自宅を高く売るコツ③内見時には照明器具を点けよう!

まとめ

居住中の自宅を高く売却するには、コツが必要です。
片付け・換気・照明器具に気を配り、購入希望者に好印象を与えることが大切となります。
これから自宅を売却しようとお考えの方は、より高く売却できるよう参考にしてみてください。
株式会社日本アイディアル不動産では、千葉県柏市、松戸市、流山市を中心に売買物件を豊富に扱っております。
お客様のご希望に真摯にお応えしますので、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社日本アイディアル不動産への問い合わせはこちら


株式会社日本アイディアル不動産 スタッフブログ担当

不動産の販売・売却のご相談は株式会社日本アイディアル不動産にお声掛けください。戸建て・マンション・土地のご購入をトータルサポートしております。初めての不動産購入で不安を抱えている方にも情報をお届けするため、不動産に関する記事をご紹介します。


”売却”おすすめ記事

  • 家の売却代金はいつ受け取る?受け取るまでの期間や注意点も解説!の画像

    家の売却代金はいつ受け取る?受け取るまでの期間や注意点も解説!

    売却

  • 川沿いの家を売却する方法とは?物件の特徴や浸水被害による影響も解説!の画像

    川沿いの家を売却する方法とは?物件の特徴や浸水被害による影響も解説!

    売却

  • 空き家を売却するベストタイミングはいつ?相場や築年数などの指標別に解説の画像

    空き家を売却するベストタイミングはいつ?相場や築年数などの指標別に解説

    売却

  • 親名義の空き家の売却は困難か?確認しておきたい方法とポイントの画像

    親名義の空き家の売却は困難か?確認しておきたい方法とポイント

    売却

  • 中古マンションの売却での失敗事例は何が原因?売出前・売出中・売出後に分けてご紹介の画像

    中古マンションの売却での失敗事例は何が原因?売出前・売出中・売出後に分けてご紹介

    売却

  • 不動産の再建築不可物件とは?売却しづらい理由や買取・売却方法の画像

    不動産の再建築不可物件とは?売却しづらい理由や買取・売却方法

    売却

もっと見る