転職は住宅ローンの申し込みに影響する?おすすめ時期や返済中の注意点を解説

ローン

転職は住宅ローンの申し込みに影響する?おすすめ時期や返済中の注意点を解説

不動産購入の際に多くの方は住宅ローンを利用しますが、転職と時期が被った場合は影響が出るのでしょうか。
金融機関によって申し込み要件は異なりますが、転職のタイミングによっては不利になる場合があるため注意が必要です。
今回は、住宅ローンの審査において最適な転職時期や返済中の注意点などをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンの利用が転職に与える影響とは

金融機関の多くは住宅ローンの申し込み基準に「勤続年数」の項目があるため、転職を繰り返していると審査がとおりにくくなる可能性もあります。
住宅ローンが利用可能になるのは、勤続年数3年以上が一般的です。
転職によりその年数がリセットされると、金融機関から収支のバランスが不安定などと判断されるため審査に影響する恐れがあります。
しかし、転職の内容によっては審査に良い影響を及ぼす可能性もあるため、転職が住宅ローンの審査に悪影響だとは一概にはいえません。
キャリアアップや大企業への転職は入社直後であっても、十分な返済能力が保証できると判断される可能性があり審査時に有利です。

住宅ローンの申し込みは転職の前か後どちらがおすすめ?

一般的に転職前は収入が安定しないため、転職後に住宅ローンを申し込むのが良いとされています。
転職後の年収で審査がおこなわれれば、月々の返済額や期間、頭金などの計画を無理なく立てられるでしょう。
また、マイホーム探しにこだわりがある方にとっては、落ち着いて住宅を探す時間が確保できるのも大きなメリットです。
ただ、転職によって収入が下がった場合は月々の支払いが困難になる場合があるので、それらを考慮した計画をしなければなりません。

住宅ローン返済中に転職した場合の注意点

一般的に住宅ローンは氏名や住所、勤務先などが届け出事項として指定されており、変更があった場合は所定の手続きが必要です。
また、同一年内の転職かどうかで住宅ローン控除の手続きも変わってくるため、場合によっては自身で確定申告をしなければなりません。
さらに、年収の変化を踏まえた返済計画を立てることも大切です。
返済が滞ってしまうと、損害遅延金が発生する可能性もあります。
信用情報に傷が付く可能性もあるため、無理のない計画を立てるようにしましょう。

住宅ローン返済中に転職した場合の注意点

まとめ

住宅ローンの申し込みと転職が被ってしまうと、審査に影響が出てくる可能性もあります。
転職を検討しているなら、安定した収入が望める入社後の申し込みがおすすめです。
返済中の転職は手続きが必要になる可能性もあるため、事前に把握しておきましょう。
株式会社日本アイディアル不動産では、千葉県柏市、松戸市、流山市を中心に売買物件を豊富に扱っております。
お客様のご希望に真摯にお応えしますので、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”ローン”おすすめ記事

  • 住宅ローンのフラット50とは?35との違いとメリットやデメリットを解説の画像

    住宅ローンのフラット50とは?35との違いとメリットやデメリットを解説

    ローン

  • 住宅ローンの借り換えとは?活用方法とメリットについても解説の画像

    住宅ローンの借り換えとは?活用方法とメリットについても解説

    ローン

  • 派遣社員が住宅ローン審査に通りにくい理由とは?審査に通るコツなどを解説の画像

    派遣社員が住宅ローン審査に通りにくい理由とは?審査に通るコツなどを解説

    ローン

  • 住宅ローンの収入合算とは?ペアローンの違いやメリットも解説!の画像

    住宅ローンの収入合算とは?ペアローンの違いやメリットも解説!

    ローン

  • 住み替え時のダブルローンとは?利用するための条件もご紹介の画像

    住み替え時のダブルローンとは?利用するための条件もご紹介

    ローン

  • 住宅ローンが残債していても住み替えは可能?方法や注意点をご紹介!の画像

    住宅ローンが残債していても住み替えは可能?方法や注意点をご紹介!

    ローン

もっと見る