住宅ローン審査の流れとは?審査基準と対策についてご紹介

ローン

住宅ローン審査の流れとは?審査基準と対策についてご紹介

マイホームを購入するときには、住宅ローンを利用することが一般的です。
しかし、住宅ローンを利用するには金融機関がおこなう審査に通過する必要があり、一体何を審査されるのか、どんな基準で審査されるのかを不安に感じている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、マイホームの購入を検討されている方に向けて、住宅ローン審査の流れや基準、対策などについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローン審査の流れ

住宅ローンを利用するための手続きは、次のような流れでおこなわれます。

●事前申し込みと事前審査
●正式申し込み
●本審査
●住宅ローン契約
●借り入れ


住宅ローンの審査は通常、事前審査と本審査の2段間に分けられています。
仮審査はおよそ3〜4日間で審査結果が判明する簡単なもので、金融機関によってはWEBでの申し込みを受け付けていることもあります。
一方で、本審査はより詳細なチェックがおこなわれるため、期間も1週間以上かかることがほとんどです。
事前審査にとおったからといって、必ずしも本審査がとおるわけではないため油断は禁物です。
本審査を通過したら、金融機関と契約を締結し、住宅の引き渡しと同時に融資実行となります。

気になる住宅ローンの審査基準とは

住宅ローンの審査では、主に申し込む人の「返済能力」と「物件の担保価値」が見られます。
銀行としては借り入れたお金を返してもらえるのか、返してもらえなかったときに担保となる建物があるかどうかを重要視します。
そのため、年収などを伝えるための書類の用意と、購入する物件が決まっていることが審査に求められるのです。
また、審査にとおるために注意が必要な項目として、次の5つが挙げられます

●健康状態
●年齢や勤続年数
●物件の担保価値
●返済負担率
●個人信用情報


意外と知られていないのが、年齢も審査基準となることです。
ローン完済時の年齢がいくつになるのか、収入と生活が安定している年齢かどうかがチェックされるポイントです。

住宅ローン審査に通過するためにしておきたい対策とは

住宅ローンの本審査に落ちる理由としては、次のようなものが挙げられます。

●提出書類の不備があった
●信用情報に記録があった
●担保となる住宅の価値が低い


とくに気を付けたいのが、信用情報に記録があるかどうかです。
ここでいう信用情報とは、クレジットカードの契約内容やローンの借り入れなどの取引記録のことです。
過去に滞納があったり、取引上の問題があったりすると、住宅ローンの審査にも問題が生じることがあるため注意しましょう。

住宅ローン審査に通過するためにしておきたい対策とは

まとめ

今回は、マイホームの購入を検討されている方に向けて、住宅ローン審査の流れや基準、対策などについてご紹介しました。
住宅ローンの審査では、年齢や年収、健康状態などさまざまな点からチェックされます。
住宅ローンを借り入れるときには、事前審査と本審査があるため、どちらかの審査で落ちることがないように対策をしてから申請することが重要です。
株式会社日本アイディアル不動産では、千葉県柏市、松戸市、流山市を中心に売買物件を豊富に扱っております。
お客様のご希望に真摯にお応えしますので、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”ローン”おすすめ記事

  • 住宅ローンの借り換えとは?活用方法とメリットについても解説の画像

    住宅ローンの借り換えとは?活用方法とメリットについても解説

    ローン

  • 派遣社員が住宅ローン審査に通りにくい理由とは?審査に通るコツなどを解説の画像

    派遣社員が住宅ローン審査に通りにくい理由とは?審査に通るコツなどを解説

    ローン

  • 住宅ローンの収入合算とは?ペアローンの違いやメリットも解説!の画像

    住宅ローンの収入合算とは?ペアローンの違いやメリットも解説!

    ローン

  • 住み替え時のダブルローンとは?利用するための条件もご紹介の画像

    住み替え時のダブルローンとは?利用するための条件もご紹介

    ローン

  • 住宅ローンが残債していても住み替えは可能?方法や注意点をご紹介!の画像

    住宅ローンが残債していても住み替えは可能?方法や注意点をご紹介!

    ローン

  • 住宅ローンのダブルフラットとは?メリットやデメリット・注意点をご紹介の画像

    住宅ローンのダブルフラットとは?メリットやデメリット・注意点をご紹介

    ローン

もっと見る