住宅ローンが残債していても住み替えは可能?方法や注意点をご紹介!

ローン

住宅ローンが残債していても住み替えは可能?方法や注意点をご紹介!

住宅ローン残債があっても住み替えは可能なのか?
住み替えを検討している方は、この疑問を持っているかもしれません。
そこで今回は、住み替え方法や住み替えローンについて解説します。

株式会社日本アイディアル不動産へのお問い合わせはこちら


可能な住み替え方法とメリット・デメリットについて

住み替えの際に担保割れが予想される場合には「ダブルローン」を利用することができます。
メリットとして、住み替えローンはダブルローンに比べて負担が少ない点です。
また、住み替えローンは、要件を満たせば全額が住宅ローン控除の対象になります。
ダブルローンは、控除期間が残っている場合でも、新居に移った時点で旧居分は住宅ローン控除の対象外になります。
デメリットは、住み替えローンは売買の決済を同日におこなうことがほとんどなので、決済までのスケジュール調整が難しい点です。
また、住み替えローンは一般的な住宅ローンに比べ、金利が高くなります。
なぜなら、住み替えローンは担保価値を上回る「オーバーローン」なってしまうので、金融機関にとってハイリスクになるからです。
住宅ローン残債がある場合、メリットとデメリットをよく比較し、最適な選択をすることが重要になります。

▼この記事も読まれています
マイホーム購入時に検討したいフラット35とは?その条件とデメリットを解説

住宅ローン残債のある住み替え方法を解説

住宅ローン残債がある場合の住み替えには、2つの方法があります。
一つ目は現在の住宅を売却し、売却代金から残債を返済して抵当権を外す「売り先行」と呼ばれてる方法です。
二つ目は現在の住宅を担保にして新しい住宅を購入する方法で、「買い替えローン」と呼び、現行の住宅の残債を新居のローンに組み込む方法です。
それぞれの方法にはメリットとデメリットがあり、選択は自身の状況によります。
どちらの方法も、自分の状況や希望に応じて選ぶことが大切です。

▼この記事も読まれています
不動産の購入に利用できるローンの種類や金利タイプについてご紹介

住み替えで住宅ローン残債を完済できない場合はどうする?

住み替えローンは、旧居の住宅ローン残債がある状態でも新居を購入できるローンです。
旧居の売却益が新居の購入費用を上回る場合は、追加融資なしで済みます。
ただし、逆の場合は差額を住み替えローンで補う必要があります。
そのため、売却が難しい場合や売却予定がない場合には適していません。
担保割れ状態の家を売却して住み替えたいとおもっても、思い通りに計画はすすみません。
住み替えローンを使う場合は、複雑な手順を調整したり、高い元金と利息を払っていける返済能力が必要になってきます。

▼この記事も読まれています
2022年以降の住宅ローン控除はどう変わる?改正内容や利用方法を解説!

可能な住み替え方法とメリット・デメリットについて

まとめ

住み替えを考える場合は、まず抵当権を外す必要があります。
住み替えローンは、旧居の住宅ローン残債がある状態でも新居を購入できるローンです。
住み替えローンのメリットとしては、宅売却時に担保割れする場合でも新居を購入でき、ダブルローンより負担が少ない点が挙げられます
不動産の販売・売却なら株式会社日本アイディアル不動産へ。
お客様のご希望に真摯にお応えしますので、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。

株式会社日本アイディアル不動産へのお問い合わせはこちら


株式会社日本アイディアル不動産の写真

株式会社日本アイディアル不動産 スタッフブログ担当

不動産の販売・売却のご相談は株式会社日本アイディアル不動産にお声掛けください。戸建て・マンション・土地のご購入をトータルサポートしております。初めての不動産購入で不安を抱えている方にも情報をお届けするため、不動産に関する記事をご紹介します。


”ローン”おすすめ記事

  • 住宅ローンの収入合算とは?ペアローンの違いやメリットも解説!の画像

    住宅ローンの収入合算とは?ペアローンの違いやメリットも解説!

  • 住み替え時のダブルローンとは?利用するための条件もご紹介の画像

    住み替え時のダブルローンとは?利用するための条件もご紹介

  • 住宅ローンのダブルフラットとは?メリットやデメリット・注意点をご紹介の画像

    住宅ローンのダブルフラットとは?メリットやデメリット・注意点をご紹介

  • 住宅ローンの借入限度額を決める基準とは?上限を上げる方法も解説!の画像

    住宅ローンの借入限度額を決める基準とは?上限を上げる方法も解説!

  • 住宅ローンの審査が通りにくい中古マンションの特徴を3つご紹介!の画像

    住宅ローンの審査が通りにくい中古マンションの特徴を3つご紹介!

  • 2022年以降の住宅ローン控除はどう変わる?改正内容や利用方法を解説!の画像

    2022年以降の住宅ローン控除はどう変わる?改正内容や利用方法を解説!

もっと見る